FC2ブログ

Thanks for visiting

Live as gently as a breeze.
Feel as deep as a sea.
Leave my memory vaguely as a ripple.

VAUGE

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

04
2017  15:00:00

0304

SHIMADA01



3月4日 島田へプチ遠征に行って参りました。
変わらずの文章力のなさに加えて、長いです。お気を付けください(笑)
例によってとうらぶネタです。ねんどろカスタムっ子も登場しますのでご注意くださいね。

と、いうことで…
2017年1月21日~3月26日開催 「音にきこゆし-島田の刀鍛冶と天下三名槍-」 に行って参りました。
*なんとこの記事を書いているのが10月14日(現在)です。記憶が曖昧な箇所もあるのでご容赦ください

島田市にまつわる刀鍛冶の歴史の解説及び刀剣の展示に加えて、
2月25日から3月5日までの期間には島田市にゆかりのある御手杵に加えて
天下三名槍と名を連ねる日本号、蜻蛉切の3槍同時展示が開催されていました。
(この度の展示では御手杵はレプリカ、日本号は写しです。)
言わずもがな、中の人は槍推しの女(心はおっさん)なのでこの三名槍展示の期間中に
どうしても島田に行くべくハラハラしながら過ごしていました。

ギリギリ3月4日に時間が取れたので、サクッと新幹線で島田に赴きました。
この日は何のプランもなく、ただ「あぁ~また蜻蛉切拝める~シャブい~」という下心のみです。
えぇ、刀剣女子ではないんですよ。そんな知識もないですし、女子でもないのです。
ただただ下心のみで突き動かされているんですよ~~バカ~~ほんと蜻蛉切SUKI~~!!



さて、バカなこと言ってないでですね。いや、常々おバカなんですけど…
話を戻しまして、島田市の駅に到着するや否や駅の改札口には島田市博物館への
案内板が出ている上にこの日はなんと駅から博物館までシャトルバスも出ておりまして。
なんとまあ手厚い歓迎を賜ったワケなんですよ。島田市すごくないですか?否、すごい。

駅から博物館まではなかなか距離がありまして、歩けないわけではないんですが
私のような運動不足社畜マンには大変ありがたかったです。
加えてシャトルバスの本数も多かったです。移動がとっても楽でした。運転手さん有難うございました。

博物館に着くや否や、同じバスに同席していた方たちが博物館入口の方へと歩を進めているのを
確認した後、ねんとんぼちゃんを出して写真を撮ってみました。人が捌けているとは言え、少し申し訳ないです。
門の前に立っていらっしゃった警備員さんがこちらを一瞥して門を少し避けてくださっていました。
ほんと有難うございました。やさしすぎる。。。(泣いた)



SHIMADA02

太陽光やばくない。。。?(めっちゃ天気よかった)
後ろがぼやけちゃってるので差分でねん蜻蛉ちゃんなしの写真も載せておきますね。

SHIMADA03


中に入ると、特別展示は2階とのお達しがあったのでそそくさと2階へ
(焦り過ぎて常設を見過ごしちゃったんですよ。これだからおっちょこちょいはよォ…)

数々の刀剣が展示される中、ゆっくり鑑賞させていただきました。
刀剣においては本当になにも分かっていないんですよ。申し訳ない。
解説とか、その刀剣にまつわるお話とか聞きながら鑑賞とかできる機会があれば行ってみたいです。
知識を広める機会があるのにそうしないのは凄くもったいないのですが、ストレージに余力がないのです。
はあ~こんなやつが審神者キメてて本当にすみませんって感じです(突然のヘコみに苛まれる)

刀剣達が並ぶ中、奥の方に日本号、360度全面開放型ショーケースに入った蜻蛉切が展示室の真ん中に
出口付近に御手杵が展示されていました。
順繰りに展示を回ると、日本号、蜻蛉切、御手杵の順でしょうか。御手杵の大きさが尋常じゃないので
常に目についている感じが否めなかったのですがね(笑)

先ずは写しの日本号さん、すごく雰囲気がお淑やかでした。
本科の日本号さんと比べると、本科の方は男前なイメージが私の中ではあるのですが
こちらの日本号さんは物静かそうなイメージでした。とても優美。
無機物相手に何を言っているんだって感じですが、このブログまで来てくださっている
感受性豊かな方々には分かっていただけるのではと自負しています。
とうらぶ的に表現すると、こちらの日本号さんは「絶対髭剃って着物着てる。」って感じです。
*あくまで個人の感想です。解釈違い大歓迎です。
わ~~めっちゃ最高やん~~~美人かよ~~って思いながら鑑賞してました。(感想がチャラい)

次に蜻蛉切さんの感想に行きたいところですが、先に御手杵君を(笑)
出口付近にドーン!とショーケースもなく非常におっとこまえな感じで展示されていました。
そして切っ先が出口の方向に向いているという神展示でした。
先端恐怖症の方にはキツそう。。。(笑)私もちょっとだけビビりました。怖いんですよ。。。
御手杵君は過去に焼失してしまっている(ここでワイ号泣)ので本科は存在していません。
今回はレプリカ杵君の展示でした。復元ver.といえども重厚感は凄まじかったです。
いやこれ絶対、肩亜脱臼するって。。。とドン引くほどに穂先が長くてデカい。
同時に鞘も展示されていました。もっふもふですよ。抱きつきたかった(笑)
また、機会があれば写しの御手杵君にも会いに行きたいです。

最後に蜻蛉切さん。もうね。。。


360度展示本当にありがとうございます!!!(号泣)

って感じです。マジで博物館出た後泣きました。
えっ。。。引く。。。自分に引く。。。(大困惑)

お、おいおいおい。。。三島でのファーストコンタクトは正面のみ(背面は鏡写し)だったのに、
島田で突然「蜻蛉切の全て、見せます。」って展示されたらオワアアアア!!くぁwせdrftgyふじこlp;;;;
おべべべべべ。。。デベロッパ!!デベロッパ!!!
お、おま。。。前からも右からも左からも後ろからも斜め前からも斜め後ろからも
あっちこっちそっちどっち蜻蛉切見放題じゃないですか。アタフタ
こんな仕打ち酷すぎるよ~~!!!(スタンディングオベーション)

いや~~~~どんだけグルグル蜻蛉切さんの周りを回ったか記憶が飛ぶくらい回りました。
横からがほんとに貴重。ありったけの夢をかき集めました感やばい。
普通に手を合わせました(参拝かよ)もとい少し不審者過ぎたかもしれません。ゴメンナサイ

いっっっっや!本当に語彙力は元来喪失している残念ブレインですがさらに語彙力喪失しました。
なんて言っていいんでしょう。Amazing???(だから感想がチャラい)
三島での展示の時は、その厚みが分からなかったんです。
前面を見て、頑張って斜めからも見ましたが遠くて。
しかし、しかしですよ今回は横(しかもめっちゃ近く)から見れたんですよ。
ああ~~こんな厚みだったのか~と、某ものすごく満足(サムズアップ)
ちょっとでいいから切られたい~~とか思いました(コラ)大笹穂槍まじパネエっす。
いい塩梅の厚みなんですよ~そして浮彫のところはグッと刀身が削がれてて。。。はあ、綺麗;;;
やっぱり蜻蛉切からは風を感じます。あの流線形、無駄がない。

あ~~~感想をタイピングしてたらまた目頭が熱くなってきた。。。好きだ~~~
波紋もね、やっぱりやっぱり綺麗なんです。。。刀剣詳しくないのに何言ってんのって感じなんですけどっ
槍は両刃、左右の波紋から風の軌道を感じる。。。ウッッッッッ;;;;;
静かなんですよ佇まいが。
消音機能ついてんのかな?ってくらい蜻蛉切さんを眺めているときは周りの音が聞こえないんですよ。
私が食い気味に集中しすぎているだけなのかもしれませんがね(笑)


蜻蛉切さん、この度も生で見ることができて本当に幸せでしたよ。
360度展示と聞いて「必ず行かないと後悔する」と思った自分がGJ過ぎました。
お前さんの判断は間違ってなかったんだよ。。。

はい、そしてその場を離れるのが惜しいこと惜しいこと、、、
しな垂れながら展示室を後にしました。

順路を進むと、1階の出口はお土産コーナーになっておりまして。
三名槍のフレーバーティーとお団子セットを買いました。


SHIMADA05


SHIMADA04


お団子セットです with ねんとんぼちゃん

大福が蜻蛉切さん、くし団子が御手杵君でカステラは日本号さんかな~?
とか思いながら食べてました。
後、このカップに入っているのもちろんお茶なんですよ。(流石静岡)
この飲み口だと刷り込みが激しくて、ついついコーヒーと思ってしまって
口に運ぶ度に混乱していました(笑)周りの方も「混乱するwww」と言っていました。ソウダヨネ

お腹を満たした後には島田の商店街にも足を運びました。
オテグマちゃんのクッションとかめっちゃ可愛かったです。
そして、商店街にあるギャラリーでなんと御手杵君の鞘を触らせて頂きました。(確か上が熊毛で下が牛…?)
もっふもふで思わず「んほほw」ってにやけちゃいました。ハピネス

商店街も後にして、そのあとはまた博物館近くに戻り、昔は宿場道だった通りへ向かいました。


shimada06


ここを進むと。。。


shimada07



島田市民俗資料館さんに到着します。
この日は、資料館さんの中庭で三名槍のレプリカが展示されていたのですね。
青空の下の三名槍。。。いいっっ!!ってな感じで軽率にお邪魔しました。


shimada08


ねんとんぼちゃんとお邪魔しま~~す。



中は「あっ。。。郷土資料館って感じする。。。」っていう。
…ハイ。 なんだこの語彙力、大丈夫か?
地元とかにもあります。昔のおもちゃとか、生活用品とか。展示しちゃいますよね。
と、そんな中中庭がめっちゃワイワイしていてですね。
「おっ、これは三名槍の気配がすっぞ~~^^」と思って軽率に中庭に出ました。


shimada09


えっっっっttt;;;;;
なんこれめっちゃ可愛い。。。。並んでる。。。(昇天)

危ない危ない。サクッと冥界へ飛翔するところでしたよ。ヒヤヒヤ
この本丸感やばくないですか?バリバリ可愛い。。。
本丸というか、弊本丸は日本号さんがいないので花丸の本丸感ですかね。
めっちゃほっこりしました。

ていうかやっぱり御手杵くんの穂先めっちゃデカくないですか?笑う。。。
東西に挟まれている蜻蛉切さんもめっちゃ可愛いです。
蜻蛉切さんって三名槍の中だと末っ子感ありますよね。so pretty

ウッホウッホ写真を撮っていたら、スタッフのマダムに
「どれか持ってみたい槍はいる?」と突然話しかけられまして。
ここで慌てふためく社畜ゴリラ(ウホウホ)

まさか、持たせてもらえるというのは耳にしていましたが選べる状態から
話を持って来られるかつ、ワイ独り身なんでめっちゃ恥ずかしいんですけd…




「はい、蜻蛉切さんでお願いします。」



。。。しばらくの間周りの方々に囲まれて一人だけ蜻蛉切さんを持って
撮影されるワイ;;;;;;;(滝汗) ごっつ恥ずかしい;;;;
「もっとかっこよく構えて!」「そう!」「あとここからのアングルも撮りたいの!」
「槍の先の部分に光を当てるとかっこいいのよ~!ほら!」

なんなんすかこのサービス。

こんなゴリラ捕まえて何をさせようとしてるんデスか~~!パシャパシャ
はい。めっちゃ撮ってもらいました。
お返しにマダムも撮らせてもらいました(笑)

と、楽しく遊ばせて頂いてるとそろそろ帰らないといけない時刻に。
そのまま帰るのも寂しいので、ギリギリまで蜻蛉切さんを見ていようと
再び入館料をお支払いして蜻蛉切さんに会いに行くゴリラでした♡

帰り際もちょっと泣きそうになりました。遠距離辛いワァ。。。(笑)



最後にお土産とねん蜻蛉ちゃん


shimada10


三名槍の四角い缶バッジは宿場道の道沿いにお店を構えられている「煎茶茶房 アトリエえん」さんで
購入させていただいたものです。デザインが素敵ですよね。
タオルも買っていたのを忘れていましたね。思わずね、買っちゃいましたよね(笑)


また蜻蛉切さんに会いたいな~!
そして、この頃の私はまだ知らないのデス。
この先にも待ち構えている蜻蛉切の大大大フィーバーをね。(huhuhu)




蜻蛉切さんはね、宇宙なんですよ。


ここまで読むことのできた方もきっとね、蜻蛉切さんのこと好きですよね。
分かりますよね。蜻蛉切さんって宇宙なんです。ドゥンツク

この話を続けると本当に止まらなくなるのでこの辺で終わりますね。
次はちゃあんとお人形のブログらしく、お人形の話を書きますね。


それではっ 閲覧頂きありがとうございました!
merci beaucoup!







スポンサーサイト

 Memo

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。